【Unity】NVIDIA FleX for Unityで流体シミュレーションを検証

セットアップ

Unityのプロジェクトを作成し、Assetをimportして利用する下準備をします。

以下の記事を参考にUnityのインストールとプロジェクトを作成してください。今回はUnity Editor 2020.3.7 f1 LTSを使いました。

【Unity】開発環境セットアップ

2021/02/27


アセットはこちらからインストールしてください。
「Add to My Assets」を押して「Open in Unity」でimportしてください。

サンプルの再生

NVIDIA FleX for Unityのサンプルを再生していきます。
「Assets > NVIDIA > Flex Samples」にサンプルのフォルダがあるので1から見ます。

サンプルシーンのエラー

Component GUI Layer in Main Camera for Scene

このエラーが出た場合は以下の記事を参考にエラーを消してください。

【Unity】Component GUI Layer in Main Camera for Sceneのエラー解決方法

2021/05/13

DllNotFoundException: NvFlexReleaseD3D_x64

このエラーが出た場合はMacで作業しているのではないでしょうか?
NVIDIAのグラボで最適化されるのでWindowsでしか動作しないみたいです。

DllNotFoundException: NvFlexReleaseD3D_x64
NVIDIA.Flex.FlexContainer.AcquireLibrary () (at Assets/NVIDIA/Flex/Assets/FlexContainer.cs:503)
NVIDIA.Flex.FlexContainer.CreateContainer () (at Assets/NVIDIA/Flex/Assets/FlexContainer.cs:518)
NVIDIA.Flex.FlexContainer.AddActor (NVIDIA.Flex.FlexActor actor) (at Assets/NVIDIA/Flex/Assets/FlexContainer.cs:248)
NVIDIA.Flex.FlexActor.AddToContainer () (at Assets/NVIDIA/Flex/Actors/FlexActor.cs:204)
NVIDIA.Flex.FlexActor.CreateActor () (at Assets/NVIDIA/Flex/Actors/FlexActor.cs:335)
NVIDIA.Flex.FlexActor.OnEnable () (at Assets/NVIDIA/Flex/Actors/FlexActor.cs:158)

ちなみに見つからないと言われているライブラリは以下のフォルダにあります。
「Plugins/Win64」なので64bitのWindowsでしか参照しません。

1. Array Actor

小さな球体でできたボックスが粉々になってバラけます。

2. Source Actor

Meshの面から小さな球体が出て床などに当たって広がります。

3. Solid Actor

小さな球体でできたカプセルが跳ねます。

4. Soft Actor

小さな球体でできた円柱がバウンドし、バランスを崩します。

5. Cloth Actor

小さな球体でできた球体を落とすと水羊羹のように跳ねるサンプル

6. Partcle Controller

小さな箱でできた長方形が崩れて広がるサンプル。
Sceneでは描画されず、Gameにのみ描画される。

7. Soft Skinning

謎のタコがプルプルします。
おそらく好きなMeshを描画できるサンプルです。

8. Cloth Deformation

布のようなシミュレーションのサンプル

9. Fluid Render

流体シミュレーションのサンプル、液体が流れるサンプル。

動作環境に絞りはありますが、このサンプルを利用していろいろな動画が作成できそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です