【Unity】AspectImage – アスペクト比を維持できるImage

リンク

以下のサイトには販売しています。
ぜひご利用ください。

説明

AspectImageはUnityのImageをベースとしたAspect比を維持する画像表示UIです。
通常のCanvasに表示するImageと同じように利用することができます。

利用方法

AspectImageのunitypackageをUnityプロジェクトにimportしてください。
あとは通常のUIと同じようにHierarchyで右クリックし、「UI > AspectImage」でComponentを追加できます。

設定項目

AspectImageを利用する際のInspectorでの設定項目を説明します。

基本的な項目

Aspect以外はデフォルトのImageと同じ項目になりますが記載します。

Source Image表示するSpriteを設定してください。Noneで塗りつぶしです。
ColorColorには表示色を選択してください。Source ImageのSpriteに着色して表示します。
MaterialMaterialにはMaterialを設定してください。表示するSpriteに効果をつけることができます。
Raycast TargetRaycast TargetはUIがイベント領域としてレイキャストが当たるようになるか設定できます。

AspectをScale To Fillにした場合

通常のImageと同じです。RectTransformの表示と同じアスペクト比になります。
画像のようにSpriteとしてのAspect比は守られないlことがあります。

AspectをAspect Fitにした場合

RectTransformの描画領域の内側に収まるようにSpriteを描画します。
画像のようにSpriteのAspect比が守られ、描画範囲が収まるようになります。

AspectをAspect Fillにした場合

RectTransformの描画領域いっぱいにSpriteを描画します。
画像のようにSpriteのAspect比が守られ、描画範囲に余白ができないようになります。

動作確認項目

  • 各AspectタイプでのMaskの利用
  • Shadowの利用
  • MaterialにてグレースケールShaderの適用
  • Android、iOSなどモバイルにビルドした場合の実機での動作確認
  • 親やCanvasのScaleなどがAspect比維持できていない場合の動作

不具合等あればお問い合わせよりお願いします。
修正対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です