コロナ禍の1年で300万円貯金が増えてた話

はじめに

普段はBaCuでIT系の記事ばかりを投稿しているConsoleSoupです。
2019年末からコロナ禍によって人々の生活は一変しました。
私はそれによって気付いたらタイトルのように貯金が300万円増えてました。

仮説、そして仮説

仮説として「コロナ禍で社会の流れが変化した結果、貯金が増えた」とします。
コロナ禍が終わることで「元に戻る or 戻らない」によって再度変化が起きます。
私としてはこの300万円が貯まった原因を特定し、継続する方法を残すことで対策としようと思っています。

生活の変化

コロナ禍になって変わったと自覚するものをピックアップします。

一時的な今後の不安

  • 社会の変化で収入が無くなったらどうしようなどの不安
    • 不安を埋めるために副業貯金への意識
  • 不要なサービスの解約やサービス変更
    • あまり利用していないサービスの解約
    • 今のサービスより安いサービスへ変更
  • 節約や投資などのお金に関する情報を得る機会の増加
    • 毎月固定で少額投資をはじめた
    • 時間とお金で考えてより効率的な買い物をするようにした
    • 楽天経済圏のポイントで一部日用品を払う
    • ふるさと納税をはじめた

リモートワーク

  • 起床時間が1時間遅くても大丈夫になった
    • もともと長時間寝るタイプの私でも自然と起きれるくらいの睡眠時間
  • 服装がさらに自由になった
    • 普段はジャージ、リモート会議の場合のみちゃんとしたシャツを着るなど
  • 通勤の疲労が無くなった
    • 以前は通勤で疲労し、勤務開始直後は軽い作業しかできない状態だった
  • 自分に最適化された作業環境で仕事ができる
  • 食事の自由
    • タイミングが自由になった
    • ランチ代が不要になった
      • 前日の余り物や軽食でよくなった
  • 自由な時間が増えた
    • 朝から夜まで仕事をし、外食をするとあとは家で休んで寝るだけだったが、
      個人の興味に関しての時間や、副業の時間ができた

外出禁止

  • マスク着用が面倒で不要な外出が減った
    • そもそも生きるのに必要な外出ではない = 不要な出費の削減
  • デリバリーサービスの利用
    • 送料は高いので毎日だと出費だが、たまになら良い
      • 例:副業中に買い物して食事を作るより仕事したほうが稼げる場合
      • 例:体調が悪い場合
    • 送料などで高くなってるのでなるべく安い料理を選ぶなど
      • 外食する時はあまり値段を見ずに見た目で選んでいたが、金額を見るようになった。
      • 普段だと見た目や味、店舗の雰囲気などで選んでいた。
        デリバリーの場合、味くらいしか気にしなくなった。

変化から学ぶこと

上記の変化から学んだことを残します。

お金に関する情報を得た

以前まではお金に関する知識は「怪しいこと」「隠すこと」のようにタブーなイメージだった。

お金に対しての意識改革

実際は確かにネット商材や詐欺などイメージ通りのものも存在するが、
自分で調べてお金を管理しようという意識が一番の収穫になった。
調べた内容で同意できるものを実践し、実際どうだったのか。
騙されないようにするにはどうするのかなど、前向きな意識改革が起きていた。
具体的には記事を検索してみたり、本を読んでみたりした。

不安の消失

職場がなくなってしまったらなどの少しの不安はあるが、知識を得たことで未知の不安から想定の不安に変わった。
想定できる不安は解決策を調べれば済むので考えすぎないことにした。

老後や年金に関しても

コロナとは話が変わるが、老後や年金に関しても不安はなくなった。
老後は実際にいくら必要かを前もって計算しておけばあとは貯める方法を考えるだけ。
本当に老後資金を貯めれるか?という別の問題はあるが、不安を置換することができた。
今の年収で足りないなどどこがダメかわかっただけで大きく前進しているだろう。

年金に関しては国会議員ではないので自分でどうにかできない。
しかし、個人年金の制度があることやそもそももらえたらラッキーで考えることで無いことにした。

無駄なお金を消費しないようになった

お金に関する意識で、不必要な出費に気付くようになった。

注意
出費は悪ということではない。また、原価を気にしろということでもない。
その出費が自分の中で最善なのかを意識する。

動画サービスの解約

動画サービスを3つ契約していたが1つにした。
1つは見ていなかったので即解約、2つ目は3つ目と内容が被っていた。
若干の内容の違いはあるが、その料金を払うお金を貯めてゲームを買うほうが有意義だと判断した。

コンビニでお昼ご飯

お昼ご飯がない時はコンビニで買うようにしている。
節約と真逆だが、コンビニは徒歩1分でスーパーやフードコートは徒歩10分。
お昼ご飯のあとは仕事があるので疲労して安さをとるより、速さ近さを選んだ。

ふるさと納税

ふるさと納税を初めてみました。
お金に関する知識を得る→節税について学ぶ→ふるさと納税試してみよう!という経緯です。
収益が増えると節税の効率が上がるので、後述の会社以外からの収益も関係します。

これもまた別の記事でおすすめとか書きたいですが、
還元率など考えるより日用品など普段から出費するものをふるさと納税で賄うのが個人的におすすめです。
ふるさと納税で還元率とかで選別に必死になったり、お得だからといって食材を買って無理に消費するのは結果的に時間の無駄かなと思いました。
生活の質をあげるという意味では少し高めのタオルや高級肉などもたまにはいいかなと思います。

会社以外からの収益を得るようになった

不安から初めた投資や副業、まだはじめたばかりだが少しずつ成果は出ている。

副業

個人でものを作って売ったり、個人事業主として働いて収益が出るようになっている。
今後の課題も見えてきたのでそのあたりは別途まとめて記事にしていきたい。

投資

自己紹介だが、私は投資のプロではない。また、投資のプロでも損はする。
よく調べ安全重視で投資信託・ETFに少額投資している。

個別株にも手を出しているがクラウドファンディングだと思うことにしている。
お金は返ってこない、応援のつもり。自分が本当にここは成長する、して欲しいと思うものだけにする。

ニュースなどで経済は見ても投資に張り付かない。働いて稼ぐことがメインなのを忘れないようにしている。
ただ、配当はくると嬉しい。

仮想通貨

ギャンブル、怪しいやつ。
2018年くらいに1万円買ったが、それ以外で無料でビットコイン、イーサリアムを手に入れる方法を見つけてしまい少しだけ増えた。
趣味程度で続けるが全く期待していないのでここに書くのは間違いだと思っている。
仮想通貨に関しては手間をかけずうまく運用するサービスやプログラムなどで結果が出たら報告の記事など書いてみます。

まとめ

コロナが終わっても続けたいことは上記なので今の自分への課題などを書いてみる。

  • リモートワークを継続するには?
  • 副業の問題点を解決する

また、リモートワークができない職種の人も当然いる。
この記事を見てリモート前提かよとなった人もいるだろう。
リモート希望だが職種的にできない人のためにITでリモート化を促進する事業などに興味が出てきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です