【Xcode】iOS用証明書の作成

CSR(Certificate Signing Request)の作成

CSR(証明書署名要求)を作成します。

キーチェーンアクセスでの操作

Launchpadの「その他 > キーチェーンアクセス」を起動します。
メニューの「証明書アシスタント > 証明局に証明書を要求…」を選択。

証明書アシスタントで証明書情報を作成

入力項目を入力し、続けるを選択。

ユーザーのメールアドレス開発者のメールアドレス(App Store Connectに登録されているもの)
通称識別名を入力、一般的には氏名や要求するPCの識別名など
CAのメールアドレス未入力 (要求の処理をディスクにするので必須ではない)
要求の処理ディスクに保存を選択
鍵ペア情報を指定にチェック

鍵ペア情報の選択

鍵のサイズ:2048ビット、アルゴリズム:RSAになっていることを確認し、続けるを選択してください。

証明書の発行

AppleDeveloperAccountのページで証明書を作成、登録します。

証明書登録の画面へ

「Certificates, Identifiers & Profiles」から作成できます。

Certificatesの横の追加ボタンを押します。

証明書のタイプを選択

証明書作成時に用途に応じてタイプを選択します。

主に利用する4つを説明します。

Apple Distributionアプリをリリース用にビルドするのに必要な証明書
Apple Developmentアプリを実機にビルドしてデバッグするのに必要な証明書
Apple Push Notification service SSL (Sandbox & Production)アプリにPush通知を送るための証明書の本番用
Apple Push Notification service SSL (Sandbox)アプリにPush通知を送るための証明書の開発用

今回は開発用の証明書を作成します。
「Apple Development」を選択して「Continue」を押します。

CSRのアップロード

「Choose File」作成したCSRを選択して「Continue」を押します。

証明書のダウンロード

証明書は作成完了しました。
Downloadで証明書をPCに保存して利用できます。
証明書は「development.cer」のように.cerというファイルで、CSRを作成したパソコンでのみ利用できます。
ダブルクリックでキーチェーンアクセスに証明書として登録され、Xcodeで認識されます。

証明書を他の人に配布

CSRを作成したパソコン以外で作業するために証明書を配布する方法を記載します。

キーチェーンアドレスを開く

「Launchpad > その他 > キーチェーンアドレス」を開き、証明書を表示します。

p12の書き出し

配布したい証明書を選択し、右クリックする。
「{証明書名}を書き出す」を選択。

パスワードを入力してOKで指定したフォルダに書き出されます。

配布したパソコンのMacで右クリックして、パスワードを入力することでそのパソコンのキーチェーンアクセスにも登録されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です